不動産用語集(あいうえお順)

頭金
契約を実行するときに保証の為、前もって渡すお金。

一般媒介
媒介契約のうち、依頼者はいくつもの宅建業者に媒介や代理を依頼してもよいもの。

ウォークインクローゼット
歩いて中に入れる収納庫。衣類を多く収納できる。主寝室などについているが、賃貸住宅ではあまりみられない。
分譲マンションや一戸建てにみられる。

LDK
LDKは和製簡略記号で、Lはリビング(居間)・Dはダイニング(食堂)・Kはキッチン(台所)の略。

エントランス
建物の入り口部分のこと。マンションでは正面玄関の部分をエントランスホールという。

オーナーチェンジ
投資用にマンションや戸建て住宅を購入し、その物件を賃貸している所有者(オーナー)が、賃借人の入った状態のまま他へ売却すること。

オープンハウス
休日などに玄関ドアを開放して内覧会をすること。現場付近に誘導の矢印がある。

カーポート
敷地内の駐車スペースのうち、屋根のあるものはガレージ(車庫)、露出(青空)のものをカーポートという

公道
一般公衆用道路のうち、国または地方公共団体が道路敷地の所有権を有し、維持管理する道路のこと。

固定資産税
固定資産(土地、建物、償却資産)について、その年の1月1日現在の所有者に対し課される市町村税。

新築
新築とは、造作工事が完了してから1年未満で未使用のものに限られる。
したがって、1年未満であっても1度使用(入居)したものは中古物件となる。

施工会社
建物の建築工事を行なう会社のこと。

セットバック
都市計画区域内において建築物を建築するさい、建築物を、建基法の規定により道路の境界線から一定の距離を後退させること。

専任媒介
依頼者が、依頼した宅建業者以外の宅建業者に重ねて媒介や代理を依頼することを禁止したもの。

専有面積
専有部分の面積。専有面積には壁芯と内法(うちのり)の2つの表示方法があり、
壁芯は隣の専有部分との間の壁の真中を囲んだ線で計算し、内法は専有部分の壁の内法で囲んだ線で計算する。

宅地建物取引業者
国土交通大臣または都道府県知事の免許を受けて宅地建物取引業を営む者をいう。

建売住宅
区割りした敷地に不動産会社が建設した住宅。

地目
登記簿に記載されている用途上の分類で、田・畑・宅地・原野・山林・塩田・鉱泉地・池沼・牧場・墓地・境内地・
運河用地・水道用地・用水路・ため池・堤・井溝・保安林・公衆用道路・公園・雑種地(21種類)がある。


土地や建物の面積の単位。1坪は約3.3057平方メートル。

登記
一定の事実、法律関係を第三者に知らせるため、登記所に備える登記簿に記載すること、または記載そのものをいう。

トランクルーム
さしあたって使用しない家財・家具などを保管する倉庫。

任売
任意売買の略。不動産の担保権を持つ金融機関の指導により、不動産所有者が担保権抹消の為不動産を譲渡する行為。

媒介契約
不動産の売買・賃借を不動産業者に依頼するときに結ぶ契約の一つ。専任度によって、一般媒介、専任媒介、専属専任媒介に分かれる。

バリアフリー住宅
家屋の内外において、段差や広さ使い勝手を考えた住宅。身障者や、高齢者にも優しい住まい。

保証人
他人の債務等を保証する人。不動産取引では連帯保証が一般的で、本人と同一の責任を持つ。
賃貸契約の場合賃料の不払い等があると保証人に請求される。

モデルハウス
住宅メーカーなどが、住宅展示場内に自社の住宅を建設して、そのPRと同時に顧客の集客を図ったり、
また、実際の分譲住宅地内において、販売促進のためにそのうちの1タイプの住宅をモデルハウスとして顧客に内覧させたりするもの

ユーティリティ
家事作業や、洗濯機置場などのためのスペース

容積率
建築物の延べ面積の敷地面積に対する割合のこと。

用途地域
都市計画法で定められた地域区分。土地の計画的な利用を目的とした12種類に類している。
用途地域ごとに建物の建築や利用について制限がある。

予告広告
広告などの開始時期に適合しているが、価格などが確定していないため、直ぐには販売等ができない物件の、販売開始時期を予告する広告。
予約や、手付け金などで、順位 を確定するような行為はできない。

リフォーム
日本では住宅リフォームといった場合、増改築工事・修繕工事のことを指すが和製英語である。
正式にはリモデリング。欧米ではリフォームというと生活改善というような時に使う。

リノベーション
建物の更新(リニューアル)のために行なう通常の修理よりも大規模な工事。
外壁の補修や建具、窓枠などの取替えなど、全体的に行なうもの。建替えとは違う。

ルーフバルコニー
マンションなどで階下の屋根部分をバルコニーとして利用したもの。ルーフテラスとも言う。
一般的には通常のバルコニーよりもスペースが広く、最上階に設けられていることが多い。

ロフト
もともとは倉庫を指す。小屋裏を利用したり天井を高くして部屋を2層式にしたもの。
ワンルームマンションやアパートでよくみられる。